2018/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

......


 調査旅行で京都に来ると、何となく竜安寺に行ってみようという気持ちになってしまう。
 語りつくされている庭だけど、なぜか何度もでかけてしまう。

 興味があるのは、いつもこの庭を眺めている人達の正座でもなくあぐらでもない、不思議な姿のことだ。修学旅行生も欧米系の外国人も、そして、ある程度時間がある観光客のほとんどの人は、いつのまにか床にぺたっと座り込んでしまう。

 私もいつもそうなってしまう。
 美術館の作品鑑賞の流儀に従って、立って眺めても良いはず、と思う。
 だけど、自然に座ってしまう。
 
 この日はとても暑かった。
 日陰の閾線に沿って、三々五々座り込む。
 照り返しで結構な気温なのに。
 一度座り込んだ人はなかなか動かない。
R0032672.JPG

そういえば、いつも石の庭を見た後に、この道を歩く。
紅葉の時に来たら、さぞ綺麗だろうな、などと思う。
だけど、一度もお目にかかったことがない。
函館の香雪園が、もなかなか見事だが、、、とついつい頭の中で空想の比較をしてしまう。
R0032682.JPG

R0032690.JPG