2019/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

......


オムライスが食べたくなって、西部地区にでかけました。
和洋折衷の住宅が立ち並ぶこの地域のおもしろさに「洋食」を楽しむというのがあります。
坂の上り下りと、コンターに沿って出来上がった道をゆっくり散歩すると、奥まったところにさり気なくカフェや洋食屋さんが店を開いています。
表参道の国連大学横から、渋谷に降りて行く「青山」界隈に、地形といいお店の点在の具合といい、ぶらぶら歩くと楽しい街という点で実に良く「似ている」と勝手に思っています。

西部地区に住んでいた時期に、夕方ひょいと気分転換にでかけていた店。
今は、店主の都合で、週末や平日に不定期で夜開店しています。
店が開いているのを見かけたら、入る。
食べたくなって出かけて、店が開いていて、よかったので、写真をパチり(にこり)。


そうだ。
春になったから、あの邸宅の白いモクレンが咲いているはず、と坂を登りました。
あと一週間かなぁ。少し早かった。
邸宅は、文化庁の登録有形文化財で市の景観形成指定建築物に指定されている函館の近代建築の名品の一つで、ライトに師事した田上義也が設計した旧佐田邸:(1928年 現プレーリーハウス)。
晴れた日に散策すれば、手入れの行き届いた庭木の花々と函館の古き佳き時代に立ち並んだ洋風建築の凛とした姿をゆったりと楽しむ事ができます。